Search this site


qrcode
<< いよいよ今週土曜日です! チョンコル先生来日パークヨガ♪ | main | ITMヨガ講座、満席キャンセル待ち。次回9月秋の集中講座開催予定! >>
見失った時に戻る原点(ITMヨガ)














見失ったときに、戻れる原点。
人はだれでも見失うときがあって、原点に戻る方法があると心強いものです。

If you lost a way, back to center.Dont't worry be happy.
歩けるからだになるために BABジャパン p147)
もし道を見失ったら、中心へ戻りなさい。大丈夫、すぐにハッピーになるから。

この言葉をわたしに教えてくださったのはチョンコル先生。
私の師匠です。

自分がタイ式を人に指導するとき、施術を行うとき、伝わるといいな、といつも思う大切な言葉。

「中心」の意味は、身体の軸であり、こころの核であり、考え方の原点である。

そんな風にとらえながら十数年やっているのが、チョンコル先生が考案したITMヨガ。

先日、チョンコル先生が来日された際、公園でタイチー&ITMヨガを行ったときの写真です。
みんないい笑顔です。

ITMヨガは、タイマッサージを一人でできるようにした、特別なタイヨガです。

このヨガを14年行っているうちに、

タイマッサージを深めたい人が知るべき要素がふんだんに入っている

という意味づけが、できてきました。

わたしのITMヨガ講座では、その意味付けを中心にITMヨガを解説していきます。

・物事に向き合う姿勢
・満遍なく身体を動かすことの効果
・身体のメカニズム自体のこと
・タイマッサージの技の理解
・人が受け入れやすい触れ方(基本の手当て)
・呼吸のこと
・集中力のつけ方(微細なエネルギーを感じる方法)
・テンポのこと
・テコの原理と体重移動の使い方

などなど。
10時間話し続けても、まだ足りないくらいですw

タイマッサージのセラピストには本当に役立つ内容です。
そして、他のボデイワークの方にとっては、「タイ式」の身体の使い方が身に付きます。
ヨーガのインストラクターの方は、タイマッサージの初級講座と共にこの講座を受けると、
アジャストとシャバアーサナのサポート技術が格段に上がるかと思います。

 








(タイマッサージ) 

             












(ひとりで行うタイマッサージ ITMヨガ)



受講者の声












・タイマッサージを理解する上で、これまでは感覚的な部分が多かったので、腑に落ちず、モヤモヤしていることがありましたが、今回の講座でだいぶんクリアになりました。(タイマッサージセラピスト)

・ITMヨガは形だけでなく意識する点やどこから動かすのか、を意識して三調を整えることで、他部位の連動もスムーズに調えられることを体感出来た。普段使っている部分(使いすぎている部分)や必要なのに使えてない部分が理解できるとともに、自分で調整できるようになることは、改めてとても魅力的でした。(アスリート)

・ITMヨガをやったことで、普段施術をしている際に、今まで以上に一つ一つの手技に6方向の意識を持つようになったり、自分の身体のゆがみをより意識できるようになりました。(タイマッサージセラピスト)

・日頃YOGAを学んでいても、知らないことの方が多く、なるほど!が沢山ありました。(ヨガインストラクター)

・体重移動の仕方→タイマッサージへの応用、習った技術とリンクしたことが多々あり、それぞれのポーズがどこへのアプローチなのか理解できた。(アロマセラピスト)



というわけで、

次回決定しているITMヨガ講座は

7月6日、7日又は27日。


いずれも若干名の募集です。
必要性を感じた方は、是非ご参加お待ちしております(^^)

詳細はコチラ


 
| タイヨガ・ルーシーダットン | 15:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.om-namo.jp/trackback/864366
トラックバック